必見!セフレ探しのオススメ情報局(2 / 2ページ)

セフレ探しの際に参考にして頂きたい情報ばかりです!

どうしてセフレ関係を作りたいの?

セフレ=セックスフレンドというのは、名称を見れば何となく分かるかと思いますが、セックスをする関係になっています。交際をしているというわけではなく

ムラムラしたらセックスをするだけというカラダ目的の割り切った関係です。


そのカラダ目的のセフレを作りたいという人が以前と比べて相当多くなってきています。どうしてセフレを作りたいと考える人がここまで増えていったのでしょうか?付き合っている人がいるけど、相手がセックスに淡白だったり、セックスをしても満たされないということで、セフレを作りたいと考えるようになった人が多いです。

最近は、独身の人も多いですし、結婚をしていても全く性生活がないという夫婦も多くなっているのですが、このような状態になってしまっていることが少子化を加速させてしまっているのかもしれません。セックスをしなければ当然子供は作れないわけですが、経済的な理由などで子供をつくろうとは思わない夫婦も徐々に多くなっています。

そして、お互いの関係に亀裂が入ってしまって、家庭内別居や離婚に発展してしまうケースも少なくありません。しかし

セックスレスになってしまっていても、性欲はあるものですから、結婚相手とはセックスをしなくても、他の異性とセックスはしたいと考える人もいます。
topkizi

そのため、最近は結婚をしていても、セフレを作りたいという人も多くなっています。ですので、以前はセフレサイトや出会い系サイトは、結婚をしていない人や恋人もいない人がセフレを探していることが多かったのですが、最近は既婚者でセフレを探す人がだんだん多くなりつつあるのです。

セフレを探す前に、もっと詳しくセフレの知識を学ぼう!

とにかく行動しないとセフレは作れない

昔と比較して今の時代は、インターネットを利用してセフレを探せるようになったので、そういう意味ではセフレを作りやすい環境にあるかもしれません。昔と違って、直接声をかけて誘ったりする必要もなくなったので、セフレ関係もかなりハードルは低くなったかもしれません。

ただ、たとえ出会い系サイトやセフレサイトを利用する場合でも、とにかく行動をしなければセフレは作れないのです。それは、昔も今も同じことが言えるのです。例えば、出会い系サイトに登録をして、それだけでセフレが作れるかというと、そんなことはまずありません。サイトに登録をしたら、積極的に自分からアプローチをしていかなければ、セフレ関係のスタートラインにも立てないのです。

また、掲示板に書き込みだけして、あとはひたすら相手からの返事を待つ方法も、あまりに消極的だと言えます。それだけでは、カラダ目的のセフレを作れる確率は極めてゼロに近いでしょうし、掲示板はあくまでも補助ツールなのです。結局、自分からどんどん動いて服従関係のアタックしていける人が、セフレを作れるチャンスを得られるのです。

行動をしなければ、そのチャンスすら与えてもらえないわけですから、いつまで経っても何も始まらないのです。別に、失敗をしても構いませんし、ダメだったとしてもすぐに切り替えればいいのです。大事なことは、失敗をしないことではなく、失敗を恐れずに挑戦をすることなのです。

もちろん、これはセフレを作る場合だけでなく、どの出会いにも当てはまることではありますが。ただ、セフレはより割り切ったカラダ目的の関係なのですから、なおのこと失敗を怖がる必要はないのです。

どんな人がカラダ目的のセフレを探しているのか

どんな人がセフレを求めているのかというと、セックスをしたいときに気軽にすることができる相手が欲しいと思っている人です。最近は、パソコンやスマートフォンを持っている人ばかりで、いつでもインターネットに接続できるようになっていますし、ネット上で見知らぬ人とコンタクトを取ったり出会いに発展させられるようなご時勢です。

ですので、インターネット上では様々な出会いの目的で出会いを探している人がとても多くなっています。メル友を探すという人もいれば、付き合う人を探すという人もいますし、友達を探しているという人もいます。そして、その結果、出会い系サイトがとても人気になったといえるでしょう。

その出会い系サイトを使ってセフレを作ろうとしている人も同時に増えていきました。最近は男性で淡白な人も多くなっているからなのか、女性で出会い系サイトを利用して、自分の欲求不満を解消させるため、セフレを作ろうとしている人も多くなってきており、これもインターネットでカラダ目的のセフレを作る人が多くなっている理由として考えられます。

ですので、今までは男性ばかりがセフレを作ろうとしている傾向がありましたが、最近は女性でもセフレつくりに積極的になっている人も珍しくありません。ただ、一般的な出会い系サイトは、幅広い目的で利用している人が多いですから、セフレを作れないことはないのですが、効率がいいとはいえません。

セフレを探しているという人だけが集まる、セフレサイトやセフレ募集掲示板を使ったほうが、セフレを作りやすいですし、時間も短縮させることができるでしょう。

エッチをするだけの関係イケナイ相手を作りたい

エッチをするだけの相手、つまりセフレを作りたいという場合、出会い系サイトならどこのサイトを利用しても同じだろうと考えている人もいるかもしれません。ですが、出会い系サイトというのは、サイトによっては、まずセフレを作ることはできません。

例えば、恋人を探すことを目的にしている人だけが利用しているような出会い系サイトでセフレを作るためにアプローチをしたとしても、まず返信されることはありません。出会い系サイトのような媒体を使ってセフレを作ろうと考えているのであれば、アダルト目的の出会い系サイトを探すようにしましょう。

例えば、逆援助交際サイトや、セフレサイト、人妻サイトなどがあります。このような専門サイトというのは、割り切りのセフレ関係を前提にして出会いを探すためのサイトですから、セフレを作りやすくなっているのです。そして、セフレサイトなどに登録をするだけでは、男性の場合はセフレを作ることは難しいです。

女性であれば登録しておくだけでも男性のほうからアプローチされることが多いですが、男性の場合は、自分からアプローチをしていく必要があります。そして、一人の女性だけにアプローチをするのではなく、色々な女性にアプローチをするようにして、セフレを作りやすくしていくことが大切です。

アダルト目的のサイトの場合、男性の利用者が多いですから、自分から行動をすること、そしてアプローチでどうやって関心を持たれるかを考えるようにしなければ、セフレを作ることは難しいと考えておいて下さい。つまり、セフレを作ることができる男性というのは、女性と付き合ったことがなくても積極的に行動できる男性なのです。

セフレはどうやって作るの?

自分の人間関係の中でセフレをつくるのは相当骨が折れてしまいますし、必ずしもセフレを作れるとは限りません。セフレを効率よく作れるようになりたい、後腐れがないようにしていきたいと考えるのであれば、出会い系サイトを利用するべきです。出会い系サイトというと、かなりの時間を掛けてメールのやり取りをしなければいけないから、効率が悪いのではないかと思った人もいるかと思います。

しかし、時間をかけてメールをしなくてはならないのは、恋人などのような出会いを探す場合です。セフレの場合は、相手の性格などをそこまで気にする必要がないですから、あまり時間を掛けなくても大丈夫なのです。ただ、実際に会ってみて容姿が好みではなかったということもあるでしょうから、メールをしている段階でお互いの写メを交換し合うようにしたほうがいいかもしれません。

また、セフレを作ることはできても、体の相性はセックスをしてみなくては分かりません。ですので、自分とセックスの相性がいい相手をすぐに見つけられる保証はないですから、相性が悪いのであれば、また出会い系サイトで相手を探すといいでしょう。普通の出会いと比べると、セフレのほうが時間をあまりかけないでセフレとして会うことも可能なのですが、相手によっては慎重にセフレを作りたいと考えている人もいます。

ですので、相手のペースに合わせて、焦らずに少しずつ会えるように、距離を縮めていくことも大切になる場合もあります。出会い系サイトよりもさらに効率を求めるのであれば、セフレつくりが目的になっているセフレサイトを利用するのもアリかもしれません。

セフレ作りを専門にしているサイト

インターネットが普及する前から、つい最近まで、セフレを作る人というのは、非常に限られてしまっていると思われていたり、セフレを作るのは貞操概念の観点から見れば好ましくないと思われていました。ですので、自分がセフレを作れるわけがないと思っている人や、セフレ関係は許される関係ではないと思っている人も多かったものです。

しかし、出会い系サイトという匿名性が高いサイトで出会いを探せるようになってから、こっそりセフレを作ろうとする人が多くなっていきました。そのセフレを作ろうとする人たちが集まっているのが、出会い系サイトの種類の一つになっているセフレサイトといわれるサイトです。

これまでの出会い系サイトでもセフレ作りはできないことはないのですが、別の目的で出会い系サイトを利用する人も多かったため、効率はいいとはいえませんでした。セフレを作りたいという人だけが利用しているセフレサイトの場合、会える距離であれば、実際にセフレになることも難しくなくなったのです。

相手も欲求不満やストレスを解消するために、手軽にセックスをすることが出来る相手を探そうとしています。ですから、知り合って、会うまでほとんど時間がかからないということが多いのです。これからインターネットを通じてセフレを作ろうとしているのであれば、セフレサイトのようなセフレ作りに特化した出会い系サイトを利用しましょう。

ただし、セフレサイトを利用している人も、一定の基準を満たしている人とセフレになりたいと思っているものです。ですから、最低限のマナーを守りながら出会いを探しましょう。

掲示板でカラダ目的のセフレ探しをしよう

手軽にセフレを作ろうと考えるのであれば、インターネットを使うのが一番いいでしょう。特に出会い系サイトにある掲示板を上手に使うことで、セフレを手軽に作りやすくなります。出会い系サイトによっては、いろいろな目的に合わせて掲示板が複数あるのですが、割り切り目的の掲示板であれば、カラダ目的のセフレを作ろうとしている異性も見ていることが多いですから、セフレを作る時間をかなり短縮させられるようになるということも多いのです。

特に書き込みをしている女性は、セフレを積極的に作ろうとしていますから、アプローチで興味を持ってもらうことが出来れば、そのまま会っ手ホテルに行くことも不可能ではありません。反対に男性のほうから書き込みをするのも全然OKです。

男性の書き込みで興味を持った女性がメールをしてくれると言うことも多いです。自分のほうから書き込みをするのであれば、自分の見た目のこともある程度書くようにしておいた方が良いのですが、この他にもどの地域で会うのか、車で送迎をすることが出来るのかなどもしっかり書いておいたほうが反応もよくなります。

また、自分がどんな性癖を持っているのかも書いておいたほうが、より性癖が近い人からメールをしてもらえるようになりやすいです。自分からアプローチをしたり、相手のほうからアプローチされて、軽くメールのやり取りをしたら、いつどこで待ち合わせをするのかを決めるようにしましょう。この他にも、ホテル代は、割り勘なのか、どちらかが全額負担をするのかも事前にメールなどで決めておいたほうが後で揉め事になりません。

セフレ探しでもやはりプロフィールは重要

出会い系サイトなりセフレサイトなりで、セフレを探していくのであれば、プロフィールはかなり重要な要素だと言えます。プロフィールは、もちろん純粋な出会いを探す際には必要不可欠ですが、それはセフレを探す場合でも同じことなのです。まず、プロフィールがなければ、相手の情報を確認することができないわけです。

年齢や地域などの簡単な情報は登録時に入力するので分かりますが、相手の趣味であったり性格であったり、セフレを探す目的など、そういった細かい情報はプロフィールの方で設定する必要があるのです。そういった情報が分からなければ、相手との相性であったり、セフレとして付き合えそうかどうか、自分の条件にマッチしているのか、それらを把握することができないのです。

したがって、お互いがお互いのことを知るためにも、プロフィールはしっかりと書かないといけないのです。そうすることで、セフレをより作りやすくなるわけです。もちろん、あくまでもセフレの服従関係なのですから、そこまで細かすぎる情報を記載する必要はありませんし、実際にセフレになってからでも、プライベートに関する情報は教える必要はありません。

ただ、セックスをする上で必要な情報はあるわけですから、そういった情報を積極的に教え合えばいいわけです。それを知るためにも、プロフィールの記載は欠かせないのです。難しく考える必要はなく、とりあえず1つ1つの項目をできるだけ全て埋めるようにして、自己紹介などもしっかりと書く事を心がければいいのです。そうすれば、相手の印象も良くなりますから、それだけセフレに応じてくれる可能性も高まるのです。

セフレとどこで出会うかは意外と重要

出会い系サイトで、晴れてセフレと出会えることになったとします。さて、あとはどの場所でセフレと出会うかですが、これが意外と重要なことだと言えるのです。ほとんどの人からすれば、セフレと出会っているところを、友人や知人に見られたくないわけです。

まして恋人がいる人だと、なおさら絶対に見られるわけにはいきません。そうなれば、地元で出会うのはリスクが高いわけですし、繁華街なども見られる可能性は無きにしも非ずなのです。したがって、地元からそこそこ離れており、なおかつそこまで人通りの多くない場所で出会うのが無難だと言えます。

ただ、あまりに遠い場所でも、出会うのに不便だと思いますから、そのあたりのバランスも考えながら決めるといいでしょう。理想としては、お互いの家から1時間以内に行ける場所で、なおかつ地元からそれなりに離れている場所が、最も適しているかもしれません。もちろん、交通の便の良さにも影響されるでしょうし、そのあたりはお互いに話し合って決めるようにしましょう。

どちらかに大きな負担がかかるような場所は、できるだけ避けたいところです。また、一度出会ってからでも、セフレとして付き合い続けるのであれば、セックスをするたびに出会うことになるわけです。ですから、毎回出会っても支障がない場所を見つけておかなければなりません。

あるいは、どちらかが一人暮らしをしているのであれば、相手の家でセックスをする方法もあるでしょう。もちろん、その場合でも誰かに見られないように、ある程度は慎重に行動をする必要がありますが。

セフレ口コミ・体験談

23歳と27歳の女の子とエッチ

セフレアプリを利用して、可愛い女の子と出会いましょう。 私は今年で40歳のおじさんになりました。結婚もしていなく、仕事で忙しく出会いなんかあったもんじゃない。そこで、大学時代の友達がセフレアプリで女とやりまっくてるいるという話を聞いて、自分もセフレアプリを利用しようと思った。 そこで、人気のセフレアプリはなんなのかをネットで調べ、すぐさまインストール 最初、可愛いなと思った女の子に連絡してみると、返事は返ってきたものの、 文章は長く、会話もこちらの話を無視するかんじだったのでおそらく業者かなと思い、他の女の子に連絡、そちらも同じような感じで業者さんでした。 そこで、可愛い女の子を片っ端から連絡していき業者じゃない女の子を捜していきました。 ようやく普通に会話できる女の子と出会えたのでお互い何をしているのかとか趣味はなんなのかについて話していました。 「岩崎です。よろしく!金融してます!」 「金融業なの?じゃあ、お金持ちかな?」 「いやあ、そんなお金もらってないです。趣味は何?」 「そうなんだ・・・趣味はね、音楽かな」 みたいな感じですね。 そんな感じでなかよくなり会ってみたいと伝えると年齢を聞いてきました 「40!」と答えると「え・・・・おっさんじゃんww」 って返ってきて会えなくなりました。 落ち込みましたが違う女の子を捜すことにしました。 セフレ募集中とか書いてある子を発見し、そのこに連絡すると「おっさんとのエッチとかもえるわ、今日暇?」とメッセージがきて。すぐに会って、犬みたいに腰ふった記憶があります。 なかなか、この子とやりたいと思ってもできないものなので、そういったセフレ募集してる女の子ねらうのがいいと思う。 まあ、そんな感じで今は普通の女の子もねらいますが、なかなかヤラせてくれる女の子は少ないです。今までご飯おごって2人の23歳と27歳の女の子とエッチすることができました。

4ヶ月で終わったその出会い

その出会いは・・・輝く街、新宿。 おれはその日、親友のタケシと新宿駅で街わせをしていた。 おれと剛は中学生来の親友でつまりマブダチだ。 タケシは18から立派に海上自衛隊員である。 おれはというと、18から職を転々としこのときは普通のフリーターだ。 タケシとは年に1回は必ず会うようにしていて、もちろんこのときは久しぶりに会う事になっている日だった。 もちろん話題は「どこでセフレをゲットするか」だった。 おれら二人はど田舎、青森県出身だ。新宿は広い。お互い上京してるとはいえ、迷ってしまいどうにか電話で会う事ができた。 まずはおれのセッティングした「街コン」にいったが引っかからず、ちくしょーとかいいながらパブに行った。 そこでも引っかからず、二人でフラフラしながら新宿駅に向かって歩いているときだった・・・ もうその時は23時過ぎ、ふと目の前を二人で見たときに小柄女二人が歩いていた。 まっさきにタケシが「こんばんわー」と話しかけ、どこに行くのかと聞いたところクラブへいくいう。 じゃあ一緒にいこうとなり意気投合。 クラブでベロベロになりいい時間になったころにおれはマユコと、タケシはミキコとべったりだった。 このままホテルに行くぞ!とクラブの中にいくときから耳元で叫んでいたのが功を奏したのかはわからないが笑、 そのままホテルに行く事になった。朝の4時くらいだったか。 夜が開ける頃に二発はヤッた。 朝になりマユコとは好きだよーとか可愛いねとかイケメンだねとかたわいのない会話をした。 ホテルを出る前に今晩も遊ぼうと誘いラブホ泊まりが確定した。 またそこで3発くらいやった。 朝になりバイバイしたが、遠距離でも頑張ろうと説得して付き合うことになった。 タイトルにもある通り、この出会いはそこから4ヶ月くらいで唐突に終わった。ただの喧嘩別れだった。 ちなみにタケシの方はどうだっかというと、ミキコは当時彼氏持ちだったがすぐにわかれタケシと付き合う事になって見事に ワンナイトダブルカップルが誕生したのである。 そちらも同じくらいに終わってしまっている。 ワンナイトの出会いにセフレ的な付き合いなど期待しない方がいいのもしれない・・・

6年間の長さと一日限りのの短さが共存した情熱

出会いは同じアルバイトの勤務先。 私は某店舗のバイトの主軸として働いていて、彼女は新人として入ってきました。 4歳年下で幼児体型、まさに「妹」という感じの娘です。 お互いに彼氏彼女持ちにも関わらず、当初から私に対するスキンシップは他の人たちと比べて何か違うな?と思うような事が多く、後日聞いたところ、私に対して手紙が書きたかったからみんなにも手紙を送ってカモフラージュしたということもありました。複数回。 実際にセフレへと発展したのはその出会いから1年後のこと。 ふとした久々のメールから(確か)私が軽く誘惑をしたところ、相手の食いつきが半端なく、しかも私に興味があることが発覚。 なんと家が道路一本でつながっていたこともあり、その日に即ファミレスで合流して互いの気持ちを確認し合い、意気投合しました。 その後そのまま町田のホテルへ向かい、発展。 実は彼女は特異な経験を持っていて、中学生の頃に当時の塾講師とセフレ関係を持っていたそう。 当然、塾講師からすると児童ポルノ違反なので、デートの際は遠方の都内まで車で出掛け、ホテルへ通っていたそうです。 ですがその頃は丁度「14歳の母」がTVドラマでやっていた頃で、私は観ていませんでしたが「コンドームをしていても妊娠をしてしまう」ことに非常に敏感になり、(それが原因なのかは覚えていませんが)その彼とは別れたとのことです。 その反動で、現在の彼氏には結婚まで身体の関係は持たないことを前提に付き合うということを言っており、事実、一回もしていませんでした。 しかし、徐々に彼女の気持ちが雪解けし、身体を許しても良いにも関わらず、彼氏が一向にガードを緩めませんでした。 その反動が私との関係で爆発し、二十歳の女の子が推定6年ぶりの快感となるとその情熱ぶりは・・・ 互いに彼氏彼女を持つ身のワンナイトラブに加えて6年ぶりの反動もあり、本当に熱いセックスだったことを憶えています。 その後、彼女が私に本気になってしまい関係がご破談するという、「一般的」なパターンで終幕しました。 たまたま一昨日、実家の部屋を掃除していた際にその頃の手紙が出てきて(読みませんでしたが)、あの出会いをふと、思い出しました。

セフレサイトTOPに戻る

10年憧れた男性と公園のトイレで

最初の出会いは私が高校生の頃。ライブハウスでバイトしていた時に出演バンドとしてライブハウスに来ていたのが最初でした。 3歳しか違わないのに、ずっと子供のように扱われていてこの先も恋愛関係になることはないと思いながら憧れ続けていました。 そんな彼は超イケメン! 身長が180cm以上あるhydeのよう。 絶対に異性として見られることはないと思っていました。 高校卒業後私は上京。 数年経ってたまたま駅のホームで遭遇。 「こんな出会いってあるんだ!」と運命を感じました。 ホームで遭遇してそのまま彼の家に… しかし、その時も彼とは何もなく、ただごはんを作ってくれて別々に寝るだけでした。 「本当に女として見られていないんだな」とショックを受けながら解散。 SNSでつながってはいるものの、何事もなく数年が経過。 そんな時、彼の近所に偶然私の友人が住んでいてFacebookでチェックイン。 すると私の居場所に気づいた彼が連絡をくれたのです。 「このあと飲もうよ」というメッセージに私は舞い上がり、友達との遊びを早々に切り上げ彼の元へ。 一件目は普通の居酒屋。 「カラオケに行きたいね」となったものの、近くにカラオケはなく、外は大雨。 結局コンビニでお酒を買い込んで公園の屋根がある場所で飲み直すことに。 お互い泥酔していたこともあり、公園のトイレでそのまましてしまいました。 酔いが緊張と嬉しさを増幅させ、興奮も最高潮の中声を押し殺して彼としました。 終わったあとに「いつかこうなることわかってたよね」と彼に言われ、気分は最高潮に。 その後は普通に解散しましたが、今でも良好なセフレ関係が続いています。 出会いから10年、憧れ続けた彼とセフレになることができて本当に良かったです!

22歳、初めてのワンナイトラブ

私が22歳の時の出会いでした。 大学卒業も就職先も決まり、私は最後の学生生活を思い切り楽しもうと決めていました。 親友の香歩も同じで、私たちは毎晩のように飲みに行っては朝まで二人で大騒ぎする日々を送っていました。 違う大学の子から合コンの話があった時、今まであまり合コンには行かなかったのですが、最後だしセフレもいないし、いい出会いがあるかも?と香歩と話し、二人で参加することにしました。 合コンは5対5で、私と香歩は隣同士。 男性陣はバンドマン、一流企業に内定が決まっている人、大学院性など様々。 合コンが始まると、男性陣はみんな香歩に話しかけてきました。 香歩は大学でもとにかくモテていたので、私は気にしないように一生懸命笑顔を作っていましたが、話す相手もいないのでカクテルをひたすら飲み続け、気がつくと記憶を失っていました。 明け方、激しい頭痛とともに目が覚めると、見た事もない部屋にいたのです。 そして、誰か男の人が隣で眠っているのです。 顔から血の気が引きました。 そろそろと布団から出ようとすると、布団から手が伸びて来て私は再びベッドに引きずり込まれました。 寝ぼけ眼で私に抱きついてくるその男の人の顔を見ても、私は誰だか分かりませんでした。 「まさか・・・セフレの家?」 泣きそうになりましたが、二日酔いの気持ち悪さで動けないのと、その人の腕にすっぽり収まっている感じが何だか心地よくて、私は知らない人の腕で再び眠ってしまったのです。 結論から言うとその人はセフレではなく合コンに参加していた人でした。 眼鏡をかけて端っこに座り、黙々と焼酎を飲んでいた人で、私は全く会話をしなかった上に彼が眼鏡を外していたので、誰だか分からなかったのです。 彼の話しによると私は合コン飲み過ぎてベロベロになり、二次会に行く前に一人で帰ろうとしたが、危なすぎると彼が送ってくれることに。その途中私が「みんな香歩目当て。あんたもでしょ。」と絡み、もっと飲むと騒ぎ始め、近くのバーに彼を引きずり込み二人で二次会。彼もベロベロになり二人で何とか彼のうちまでたどり着いた、 家に入ったら私が彼のベッドに横になったので、我慢できずに・・・という展開だったそうです。 私は眼鏡を外した彼がすごくかっこ良かったこと、いい匂いがしたこと、彼が起きた後も優しかったことから、合コンでの出会いも悪くないし、ワンナイトラブも悪くないな、と思いました。

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ